CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
愛のホラリー占星術
お年玉
【無料】アフィリエイト
アフィリエイト新時代

ARCHIVES
CATEGORIES
qrcode
<< 惑星のボイド | main | facebook >>
占い師として、真実を見付けられなかったら悲しいと思う
占いというよりも、占いに携わる者の心得として、「真実」や「真理」は占いの奥にある見極めたいものの一つです。

モダンな西洋占星術のハウスの概念の中に、しっくりと来ないものがあるとして、ハウスの使用を取りやめたモダン占星術家もいます。それほど真摯に占星術に取り組んでいくと、モダンな西洋占星術で扱っているハウスの概念に違和感を覚えるものです。当たらないのです。故石川源晃氏や、ロバート・ハンド氏などがその域に達した達人です。

惑星の意味合いに至っても微妙な定義が違っています。

モダンな西洋占星術では財産の星は「金星」です。
古典的な西洋占星術では財産の星は「木星」です。

これほどの大きな違いがあったにしても、何故、占星術は当たるような『気』になるのか。

それは、人々は「型に入れ込まれる」ことを嫌いではあっても、自分がどのような「型に入り込んでいるか」を知りたがる、矛盾を持つ動物だからです。女性であるとか、男性であるとか、見た目に確実なものを知らされることを求めてはいません。

神経質であるとか、
おおらかであるとか、
繊細であるとか、
いろいろなことに興味を持つとか、
・・・

誰にでも当てはまる言葉を羅列されることを、好む傾向があります。

あなたは不動産で苦労しますよ・・・
あなたは異性に関して60歳代で苦労しますよ・・・

等々、真実の方は聞きたがるのを嫌がります。

誰からも好まれる占い師で居るには、理論は別にして、誰にでも当てはまる言葉をどれほど知っているかによって、又、経験を積んで言い換えることができるかによって好感度は上がっていきます。

でも、占い師の質、「真実」や「真理」を知りたい人としての資質はどんどん下がっていくことになります。

※ ローバートハンド氏はその後、古典的な占星術の翻訳者として、又、多くの人達と協力をして翻訳に携わり、古典的な西洋占星術の本を出版する流れを作られました。

| 星占い | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenroku3.jugem.jp/trackback/1302973
トラックバック