CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
愛のホラリー占星術
お年玉
【無料】アフィリエイト
アフィリエイト新時代

ARCHIVES
CATEGORIES
qrcode
<< ワン・ポイント・レッスン | main | 恒星の表 >>
以外に反響が大きかった!
アスペクトには作用があって、それが星から星へと力を押し付ける場合と、性質を押し付ける場合がある・・・ なんて。考えてみれば当然のことなのだけれども、あまり知る人もいなくて、生徒さんからも「習ってません」なんて言われました。

いえいえ、リセプションのことを考えてみるとそれは既に使っているのであって、そう見えないだけなのです。例えば、月と火星が120度でアスペクトするとすると、どこでも同じような作用をしますか? それは常に一定不変の「積極性の表れ」なんてことにならないのは当たり前のことです。

月の入っているサインによっても違いますし、火星の入っているサインによっても力を受け取ったり、性質を受け取ったり、普通のトラインだけだったりするのです。

中世アラビア占星術師、マシャ・ア・ラー(概740年〜概815年の人)のものを読んでいると、そこにはトラインもリセプションだよと書かれています。ジェジェジェです。私は素直にそれを信じているわけではありませんが、そんな リセプションも有り? と思ってしまいます。

アスペクトが無いことはあっても、レシーブが無いなんてことは無いわけですから、置かれている惑星にはそれぞれ意味があります。けれども、ホラリー占星術では全てを読みとるわけではありません。潔く分からないものは分からないと捨て去るのです。そのうちレベルが上がれば見えてくることもあります。無理をして読むなという事です。

| 西洋占星術 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenroku3.jugem.jp/trackback/1302978
トラックバック